用語説明 | Word
学習意欲の重要性及び引き出す方

学習意欲とは

いくら熱心に教育をしても、受講率が悪かったり、すぐに忘れられたりすれば苦労も水の泡。
ですから教育担当者あるいは経営者は、効果が出る(上がる)ように一生懸命に努力します。

教育者的改善法例

教育者的改善法例

教育を担当する人は、このように大変なご苦労をされています。

ここで大きく関わるのが学習意欲です。
教育の対象となる人に学習意欲があれば極端な場合、会社は何もしなくても本人の意思で学習し、それなりの効果を上げていくものです。
しかしながら、多少の学習意欲はあっても実際に学習するには至らない人や、学習する対象が会社の望むものとは違う方向であったり、 望むレベルに達しなかったりするのではないでしょうか。
ですから、会社としては望ましい学習内容になるように環境を提供する必要があるわけです。
そして、受講者の学習意欲が高まるようにすれば、会社として望む方向へ導いていくことができるでしょう。

上記の改善法のやり方は環境に関するものもありますが、すべてが学習意欲を高めるための施策と言えるでしょう。
このうちからの手段は、トップの指示やお金を使うことによって実現するものですが、の「教材を工夫する」というのは簡単にできるものではありません。
教育担当者が自分で教材を工夫するということは、教育内容が外部に委託できないような自社固有のものであったり、外部に委託するほどの予算が無いなどの制約がある中で、 少しでも教育効果を上げようと苦労されているということです。

この3つにあてはまる企業様には『仕事の道場』をお勧めします。

製品特徴

機能

『仕事の道場』は <作成→出題→解答→解説→分析> この流れを繰り返すことで学習効果を高めるように便利な機能を備えています。 ただ見るだけ、読むだけの学習は退屈で苦痛です。 『仕事の道場』は、ただ見るだけの教材ではなく、クイズ形式のコンテンツをITの専門的知識が無くても作成できます。

「教育をしようとする人が、自分で簡単に効果的な教材を作ることができる」これが『仕事の道場』の特徴です。

製品特徴

06-6339-9403

お問い合わせ

ページトップへ戻る

eラーニング無料公開版「仕事の道場」

お問い合わせ・資料請求

TEL06-6339-9403

プライバシーマーク
【認定年月日】
平成28年9月20日
【認定番号】
第20000763(06)号