用語説明 | Word
教育研修における効果測定

教育研修の効果測定とは

社員教育研修の学習効果測定方法として、Aドナルド・カークパトリックが提唱した有名なモデルがありますので、ご紹介いたします。

カークパトリックは、「研修の効果の捉え方として、複数のレベルを評価・検討する必要がある」と主張し、4つのレベルを挙げています。

レベル1「アンケートで反応を見る」

研修に参加した人たちに対してアンケートを行い、感想や満足度を測ります。アンケートのため、間接的な社員教育研修の学習効果測定といえます。

レベル2「試験で社員教育研修の学習効果測定を測る」

参加者が何を学んだかを評価するために、試験を行います。また、参加者が学習内容を振り返ることができ、講師自身も研修の難易度、理解度を確認することで、次回からの社員教育研修に役に立てることが出来ます。

レベル3「その後の業務での行動変化を見る」

参加者が研修で学んだことを、その後、どれだけ仕事に活かせているかを、アンケートやインタビュー形式で上司など周囲の人に尋ねたりします。

レベル4「業績アップなど数字上の結果を測定する」

研修の前後を比較して、売上、生産コスト、離職率などの数値がどれだけ変化したかを評価します。ただし、その結果が研修によるものなのかを判定は、容易ではないでしょう。会社として利益を目指す以上、会社のトップやリーダーにとっては、一番気になるところです。

企業は、一般的にどこまで効果測定を行っているのか?

産業能率大学「人的資源開発における戦略的投資と効果測定」に関する調査では、カークパトリックによる測定のレベルごとにその実施率を調べています。

調査結果では、
  レベル1 (reaction) :77.2%
  レベル2 (learning) :22.3%
  レベル3 (behavior):12.0%
  レベル4 (result)     :6.6%
とあります。

また、2000 年の「産業訓練実態調査」によると、最も多くの企業が採用している集合研修効果の把握方法として、
  * 「受講者の感想・アンケート」(45.3%)⇒レベル1
  * 「論文・レポートなどの提出」(18.9%)⇒レベル2
  * 「職場における行動や実績の上司評価」(8.1%)⇒レベル3・レベル4
という結果もあります。

これらの結果からほとんどの企業は、レベル1(アンケート調査)までで、レベル2(試験)、レベル3(行動変容評価)、レベル4(業績向上評価)となるとコストや手間がかかるため、なかなか研修の効果測定を実施できていない現状のようです。

仕事の道場は、レベル1でのアンケート機能とレベル2での試験機能を備えております。研修の効果測定のツールとして、有効にご活用いただけます。

06-6339-9403

お問い合わせ

ページトップへ戻る

eラーニング無料公開版「仕事の道場」

お問い合わせ・資料請求

TEL06-6339-9403

プライバシーマーク
【認定年月日】
平成26年9月20日
【認定番号】
第20000763(05)号