用語説明 | Word
ビジネスマナー

ビジネスマナーとは

マナーとは、ルール、エチケットと比較されることが多く、下記の図のようにルールとエチケットの中間的な位置づけです。

ビジネスマナー

ルールとエチケットは多くの人が同じ見解を持っているようですが、マナーについては個人差があるようです。 マナーの解釈は幅が広いのですが、個人差によるだけでなく、そのときの状況や環境によってエチケットに近づいたり、 ルールに近づいたりしますが、概ね『やった方がいい、やらないと損をする』といったものになるのではないでしょうか。

ビジネスマナーとは

ビジネスマナーとは、ビジネス上でのマナーです。 ビジネスという状況に限定されていますので、そこでのマナーの解釈は一般的な マナーの解釈よりも限定されたものになります。 ビジネスの世界での登場人物は、ほとんどの人が社会人として経験が豊かで、ビジネスマナーがどのようなもので、 それを守ることがビジネスマンとして必要条件であり、それを守れない者はビジネスマンとして失格であると思っています。 つまりビジネスマナーはルールと同じだと思ってもいいくらいになります。

上記のようにならないよう、企業は社員にビジネスマナーを必死になって教育します。 社員ひとりひとりが身につけることがビジネスの世界での必要条件だからです。

ビジネスマナーは多くが決まり切ったことです。 これを解説した書物も多くあります。 ただ、どこまで身につけているかをテストしたり、一度覚えてもつい忘れてしまいそうなものを反復して受講したりすることは重要なことです。 『仕事の道場』には忘却曲線理論に則った反復学習を促す機能があります。

機能一覧

ビジネスマナーとはいえその企業独自のものもあるでしょう。
電話の出方、取り次ぎ方など職場に応じた対応を規定しなければならないのですが、その教育には市販のコンテンツでは不十分です。
『仕事の道場』には教育担当者が簡単にコンテンツを作成できる機能*1TCE(Thema Create Engine)があります。

『仕事の道場』を使ってビジネスマナー研修を行い、大きな効果をだしている企業様が多数あります。是非、『仕事の道場』をご検討下さい。

*1TCE(Theme Create Engine)とは、当社がオリジナルに開発した問題生成エンジンです。 どなたでも簡単にコンテンツ作成が可能になります。

eラーニング無料公開版「仕事の道場」

お問い合わせ・資料請求

TEL06-6339-9403

プライバシーマーク
【認定年月日】
平成28年9月20日
【認定番号】
第20000763(06)号